神奈川県後継者バンク

公益財団法人神奈川産業振興センターでは、平成28年12月22日、後継者不在の中小企業・小規模事業者などの事業引継ぎを拡充支援するため、地域に不可欠な事業の存続と、意欲ある起業家・創業者による起業・創業を同時に実現する仕組みとして、神奈川県事業引継ぎ支援センター内に、新たに「神奈川県後継者バンク」を開設しました。

神奈川県後継者バンクの概要

目的

後継者を求めている中小企業・小規模事業者と創業・起業を目指す意欲ある起業家・創業者をマッチングし、後継者不在の事業者の事業継続と起業家・創業者の起業・創業実現を支援することにより中小企業・小規模事業の存続、地域経済活性化、雇用の維持を図ります。

運営主体

神奈川県事業引継ぎ支援センター

開設日

平成28年12月22日(木)

後継者バンクの特徴

1.公的機関である神奈川県事業引継ぎ支援センターが運営し、公正中立な立場で相談無料・秘密厳守で対応します。

2.新たに県内の商工団体等を中心とした連携創業支援機関*と連携し、意欲ある起業家・創業者に後継者不在の事業者をマッチングし、その起業・創業の実現を支援します。
*連携創業支援機関とは、後継者バンクと提携した起業・創業支援を行う商工会議所、商工会、中小企業支援機関などです。
公益財団法人神奈川産業振興センター(KIP)も連携創業支援機関となっております。

3.主要なメリットは次のとおりです。
・「後継者不在の事業者」には、事業の継続による地元経済への貢献
・「起業家」には、有形無形の経営資源の承継による起業リスクの軽減
・「地域経済」には、新たな創業方法の提示による空店舗予防策など

利用方法

連携創業支援機関を通じて、後継者バンクの制度を利用することができます。
*公益財団法人神奈川産業振興センター(KIP)も連携創業支援機関となっております。
後継者バンクを利用する場合、創業塾(例:新事業成功講座)を受講するなどの条件があります。
お近くの連携創業支援機関にご相談ください。

神奈川産業振興センター創業・ベンチャー支援の特長

神奈川産業振興センターは、横浜市特定創業支援事業として、①新事業成功講座、②KIPインキュベーション(レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース)が、「横浜市特定創業支援事業」に位置づけられており、この2つに該当する方は、神奈川県後継者バンクを利用することができます。

KIPインキュベート施設入居者募集中

創業者、スタートアップ企業、ベンチャー企業、中小企業者向けのシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィスを運営しています