第9回フード・アクション・ニッポン アワード2017 受賞10産品に「株式会社ミソド『みそまる』」が受賞

第9回フード・アクション・ニッポン アワード2017 受賞10産品(阪急阪神百貨店選定)に「株式会社ミソド『みそまる』」が選ばれました。

株式会社ミソド『みそまる』は、「究極の健康食材『味噌』を神奈川から世界に発信 みそまる事業」として、かながわビジネスオーディション2017 JEA賞を受賞した企業です。

「株式会社ミソド『みそまる』」は、全国から応募された「1,111産品」の中から、一次審査で「入賞」100産品に選ばれ、一般の消費者投票を経て迎えた10月30日、バイヤーの商談会と品評会に続いて、国内の食のプロ10人による最終審査会が行われ、受賞10産品(阪急阪神百貨店選定)となりました。

表彰式のなかで、株式会社阪急阪神百貨店 代表取締役社長 荒木直也さんは、受賞理由を次のようにご説明していました。
「第1に、頭にお椀を乗せるという格好で社長自ら味噌を宣伝するという体を張った熱心な活動ぶりと味噌への情熱。第2に、みそまるの完成度。見た目のかわいさだけでなく、味噌や野菜などこだわりの食材を厳選し、パッケージをおしゃれにしてギフトにも最適な商品になっていること。第3に、日本の文化を伝える商品であると同時に、国産食料自給率の向上に貢献できる商品であること。」

ミソガール藤本智子さん(株式会社ミソド 代表取締役)は、次のようにあいさつしました。
「栄えある賞をありがとうございます。またもったいないようなお言葉をありがとうございます。本日は、ミソガール&ミソマザーを代表して受賞させていただきました。みそまるは、味噌メーカーさんをはじめ、野菜農家さんなど、つくり手の思いを一つに味噌でまあるくを繋げようという商品です。これからも賞に恥じぬよう、多くの人に伝えていきますので、どうぞよろしくお願いいたします」
フード・アクション・ニッポン アワードのようなコンテストは、日本中で多く行われています。自社や自社の商品・サービスのブランド化を図る手段として、コンテストを活用するよい事例となっています。

自社や自社の商品・サービスに合わせ、コンテストに参加したいと考える、神奈川県内の創業者、ベンチャー企業のみなさま、神奈川産業振興センター 経営支援課までご相談ください。

 

KIPインキュベート施設入居者募集中

創業者、スタートアップ企業、ベンチャー企業、中小企業者向けのシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィスを運営しています