何故、あの無名な中小企業・中堅企業に優秀な若者が集まり続けるのか?

「ユースエール認定制度」を活用した若者採用戦略について

人材採用は、育成や配置、評価、報酬などと並んで、人事戦略の重要な機能の1つです。人材採用を考える際、他の機能をきちんと把握し、それらとの「一貫性」を持たせる必要があります。一貫性がなければ、それぞれの機能の効果やメリットが十分に働かない恐れがあります。

人材採用計画の見直し

現在の労働市場は、売り手市場と言われ、中小企業や中堅企業にとって、新卒・第2新卒や若者などの採用は非常に厳しい状況になっています。

そのため、中小企業や中堅企業は、新卒・第2新卒や若者などの採用戦術の見直しを図る必要があります。

若者採用を行うにあたり、採用したい人材像、採用方法などを見直す必要があります。その時に考慮しなければならないのは、人材採用は、人事戦略の1つの機能であるということです。

企業の人事戦略には、採用だけでなく、育成や配置、評価、報酬などという機能があり、それぞれに戦術があります。人材採用を考える際、これらの他の機能との間に「一貫性」を持たせるということが非常に大切になります。

若者採用は、まだ仕事の経験や実績のない、「人材」を採用することになります。その「人材」を磨き、輝く「人財」にするためには、一定の費用を投入する必要があります。

しかし、多くの中小企業や中堅企業は、若者採用に多くの費用と時間を充てることができない状況といえます。

人材採用のチャネル(転職サイトやハローワークなど)を考える前に、若者が転職したい企業と選ばれるための人事戦略を再構築してみませんか?

続きはこちらをご覧ください

KIPインキュベート施設入居者募集中

創業者、スタートアップ企業、ベンチャー企業、中小企業者向けのシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィスを運営しています